· 

Wollensak Cine Velostigmat 1inch(25mm) F1.5 シネレンズだとやっぱり映画みたいに撮れるのか?

Wollensak(ウォーレンサックと読むみたいです)は、1940年頃にアメリカのウォーレンサック社が16mmのシネマ用として販売していたレンズです。人間だったら、もうおじいさん。ちなみに、マウントは「Cマウント」と呼ばれています。

対応するイメージサークルはCマウントレンズにしては大き目で、APS-Cのミラーレスなら少しケラれるくらいでなんとかなります。

 

また、Wollensak Cine Velostigmat 1inch(25mm) F1.5は、光の状況によっては、サークル型のゴーストが出ます。その辺りは作例で触れていきます。

 

大きさはかなりちっさいです。FUJIFILM X-T10につけたらこんな感じ。この大きさでF1.5 というのが泣かせますね。。

さて、では作例を見ていきましょう。今回は、ポートレート、猫、お花という順番でいきましょう。

 

ポートレート作例は海辺の写真ですが、まさにクラシックシネマのワンシーンのようになりました(自画自賛)。

 

model じきまる。さん(以下3枚とも)

Wollensak Cine Velostigmat 1inch(25mm) F1.5では、ケラれも出ますが、周辺光量落ちの味と考えれば許容範囲だと思います。中央の主役が引き立ちますね。

横位置写真も奥行きを感じさせていい感じです。

さて、猫の写真になるとこんな感じです。半逆光だと幻想的です。

光の入れ方によっては、このように白のサークル型のゴーストが出ます。ただ、かなり光が低くないとうまく入らないので、あまり成功率は高くないです。

順光だとこのようにちょっと色あいがこってりとした、でも何気ない感じに仕上がります。

ただの歩いている猫が、随分ドラマチックになりますね。

さて、植物でもう少し、円形のゴーストを見ていきましょう。菜の花です。

このように、カメハメ波でも出されたかのような、描写にもなります。

冬の枯れ木越しに夕日から生まれる円形ゴースト。

世界の最後の日に爆発でも起こったかのような、ゴースト。ややアニメ的。

最後は比較的、普通の写真で締めくくりましょう。普通でも十分に幻想的。

Wollensak Cine Velostigmat 1inch(25mm) F1.5は、いつもの光景を撮影するだけで、幻想的な風景に変えてしまう、小さいのに素敵なレンズです。

 

そして、光の角度によっては、円形ゴーストが出るという楽しみもあり、APS-Cやマイクロフォーサーズのミラーレスに装着するオールドレンズとしては、なかなかクセになるレンズかと思います。なにより、シネレンズということで、映画撮影なりきりみたいな気持ちで撮れるのがいいですね。