· 

宮崎光学のMS-Optics Sonnetar 50mm F1.1 は撮ればなんでも幻想的になってしまうちょっと卑怯なレンズ?

MS-Optics Sonnetar 50mm F1.1は、厳密にはオールドレンズでは無いのかもしれません。確かに現行レンズではないですが、つい数年前に製造されていたレンズです。

 

宮崎光学は、宮崎安貞さんがひとりで運営するレンズメーカーということで、手作りコツコツみたいな印象があります。

解放F値は1.1と、これも購入理由の一つではありました。

 

また、レンズには、手書きのコピーのような仕様書的なものが付属してきます。

そして、コマ収差を調整できる機能(なにやらマニアックですね)が付いているのですが、大雑把な僕はこちらを利用したことがありません。

 

購入の前に雑誌の作例など見ると、映りがとても繊細で、なかなか他のレンズ(オールドレンズ含む)には無いようなクセと繊細さを感じたので購入しました。比較検討したのはCanonのF0.95ですが、向こうは今や30万円超え。こちらは1/3程度でしたので、必然的にこちらになりました。

 

そうそう。ピント合わせはちっさいピンを回すような感じで行います(以下の写真の赤く囲ってる部分)。

 

 

では、また、作例を見ていきましょう。まずはポートレート作例。

 

 

モデル じきまる。さん(1-4枚目)

 

ふわっとしますね。

ふわふわの極み。

自ずと水彩画で描いたような色合いになることも多いです。

順光だと色も結構くっきり出ます。

そして、F1.1の被写界深度は、ピントを合わせるのが本当に難しいです。でも、ガチピンかどうかなんて、あまり気にならなくなるくらい、全体がふわっとしているので、それはそれで良しです。

この写真も微妙に眼にピントは来ていないのですが、自分では好きな一枚です。

 

モデル 水瀬凛さん

フレアやゴーストはこのとおり。特に綺麗な円形になるとかは今の所無いですが、とにかく幻想的。

 

モデル りんごさん

この手のレンズによくある話ではありますが、解放だと、中央以外だとピント合わせてもあってるように見えません。ピントが来ません。でもやっぱり、それはそれでいいじゃない?って思ってしまう魅力が。。パープルフリンジも普通に出ます。

 

モデル セイナさん

暗くなりかけの照明などを背景に持ってくるとめっちゃいい感じです。

 

モデル セイナさん

さて、フィルムでも撮ってみました。でもポートレートだととにかく、ピントが合わない。。ライブビュー必須ですね。ということで、フィルムカメラはつらいです。。

これは奇跡的にまあまあうまくいった一枚。

 

モデル きむかなさん

スナップの作例も何枚か見ていきましょう。

 

1枚目はただの空です。なのに幻想的だ。

信号。なんでも幻想的で現実ばなれする。

ただの水面がこのとおり。

ピントなんかあっててもあってなくてもこのとおり。

宮崎光学のMS-Optics Sonnetar 50mm F1.1は、写すものすべてを幻想的な世界に変えてしまうようなそんな魅力を持っている反面、被写界深度が浅すぎて、ライブビューが無いとピント合わせが超絶難しい、そんなジャックナイフ?のようなレンズです。

 

とても希少なレンズでもあるので、大切に使わなければ。