· 

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、ニコンだからやっぱり写りが硬いのかと思ったらそうでもなかったかも

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、1962年発売。僕より10歳も先輩だ。この時代にF1.4とか普通に作れたことにちょっとびっくり。

オールドのニコンというと、報道用でちょっと硬いけどしっかりした写りというイメージがあるけど、どうなんでしょうか?

 

その辺の検証もできたらいいのですが、今回は、ポートレートは、自分的にとてもお気に入りの回のものを作例としてご紹介します。その他、フィルム撮影のスナップをいくつか紹介していきます。

このNikkor-S Auto 50mm F1.4がついてるボディのNikon Fは、実は僕の父方のおじいさんの形見です。後から聞いた話ではありますが、うちのおじいさんは、ローライフレックスやライカも持っていて、でも人に貸してしまって返ってこなかったんだとか。。

 

もったいなー。孫に返してください(冗談)。。

では、まずポートレートの作例から。この日の撮影は、なにかとても自然な気持ちでできました。オールドニコン効果!?

 

モデル  じきまる。さん

 

撮影用のカメラボディは全て、SONY α7 IIIです。

 

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、逆光でのフレア等には比較的強い印象です。

ニコンは描写が硬いというイメージですが、程よくやわらかいように思います。

手前の葉っぱの前ボケも好きな感じです。被写体は程よく柔らかく綺麗に写りますね。

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、色のりも薄すぎずこってりしすぎずの好みの感じです。

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、ゴーストははっきりした円形だったりということはなさそうですが、光を表現する要素にはなりそうな個性的なものは持っていると思います(個体差はあるのかもしれませんが。。)。

紅葉の赤が綺麗に出ました。

背景ボケは少し癖があるような気もしますが、F1.4の数字通りとろけるようなボケ。

この写真、過去に撮ったポートレートの中で自分ランキング5本の指に入ります。

この日は自然な表情がなぜか出やすかった記憶があります。あまりレンズの描写と関係がありませんが。。

黄色の出方や後ろの玉ボケの出方も自分好みです。

レンズのおかげか最後まで良い表情いただけました。

さて、ちょっとだけスナップの作例もみていきましょう。こちらは、NIKON Fを使ってフィルムで撮影したものです(フィルムはFUJIFILM Pro400H)。

猫です。ふわっとした感じも出てますね。

空を撮っても柔らかめの印象です。太陽からの光のふわっと感がいい感じです。

この写真もNikkor-S Auto 50mm F1.4です。

Nikkor-S Auto 50mm F1.4は、ニコンのイメージから硬めの描写なのかと思いきや、いい具合に柔らかめの描写だということがわかりました。色乗りもちょうどよく、逆光の状況でもフレアで真っ白になることもなく、程よい雰囲気が醸し出せるように思います。

 

今回は、Sonyのαに装着しましたが、普通に、Nikon Dfとかにつけて撮影しても楽しそうですね。