· 

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 は絵画のような写真を映し出す魔法のレンズ?

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 。Hugo Meyerはフーゴマイヤーと読むらしい。ドイツの会社らしい。また、当時、カール・ツァイスのレンズ設計者だったパウル・ルドルフという人が設計したらしい。1920年代に製造されていたらしいという、ぼやっとしたウンチクはさておき、雑誌やなんやで見るその作例は、幻想的で絵画のようでとても素敵でしたので、色々と探したあげく、ゲットしてしまいました。

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 のイメージサークルは、APS-C でわずかにケラれる程度。FUJIFILMのX-Pro1に装着するとめっちゃカッコ良いです。テンション上がる。ちなみに、Cマウントでマウントアダプターで装着です。

肝心なのは写りですね。今回は、紫陽花と紅葉とその他スナップの作例を見ていきましょう。

 

モデル 水無月いとさん(以下、4枚)

 

いい感じにグルグルですね。

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 は、曇り空のような環境だと、色合いはこってりと出ます。

バックに光源などなくてもグルグルボケがわかりますね。

中央以外は、ピントが合ってないように見える、よくあるパターンですが、もはやそんなことはどうでもよいくらい個性的な映り。

続いて、紅葉の作例を。

 

モデル じきまる。さん(以下、7枚)

 

赤もこってり出ますね。

バックに強い光があるとこのようなサークル型のゴーストが出てきます。

やはり、背景に光があるとグルグルボケが際立ちますね。

ダブルでサークルゴースト。

本当にこの日は、面白いようにサークル型のゴーストが出ました。

しっとり系の写真にも合います。

肌感などもとてもいい感じですね。ポートレートにも使っていけそうです。

さて、それではスナップ系も何枚か。

 

桜です。空の青もまあまあ綺麗に出ました。

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 で写すと、ただのドラム缶がこんなにムーディーに。まさに魔法のレンズ。

緑もとても美しくでますね。微妙な滲みが素敵。

太陽に向けるとサークル型のゴースト。

水面も素敵に。Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 は、とても100年近く前のレンズとは思えないですね。

 

自転車を写すだけで、こんなにも郷愁を感じる描写に。

Hugo Meyer Kino Plasmat 25mm f1.5 は、レンズを通して写した風景が、まるで絵画のように美しく幻想的になるような気がします。

そして、それが100年近くも前のものだなんて、技術や科学ではない、偶発的ななにかが、時を超えて、デジタルカメラと出会い花開いた。そんな浪漫(!?)を感じます。